歯科助手・資格取得のための通信講座|スクールガイド

歯科助手の主な資格について

歯科助手の主な資格について

歯科助手の資格といっても一つだけではなく、
複数の団体や法人が主催しているので数多くあります。

主な歯科助手資格試験を例に挙げてみると、


【医療事務管理士検定試験】

医療保険制度や診療報酬の仕組みを理解し、
受付事務・カルテ管理・診療報酬明細書作成書などの、
医療現場を事務面からサポートする専門家としてのスキルを証明する、
技能認定振興協会(JSMA)が主催している認定試験です。

医科医療事務と歯科医療事務の2種類があり、この場合歯科医療事務を選択することになります。

尚、「医療事務管理士」の称号は、平成17年10月に特許庁より商標登録が認められています。


【医療事務技能審査試験】

財団法人 日本医療教育財団が主催している最大規模の全国統一試験で、
医療事務職の知識や技能において医療機関からも高く評価されています。

1級と2級に分かれており、医療機関等での受付業務・
院内コミュニケーション・診療報酬請求事務業務に関する職業能力が審査の対象で、
医療事務技能審査試験の合格者には「メディカルクラーク」の称号が与えられます。


【診療報酬請求事務能力認定試験】

財団法人 日本医療保険事務協会が実施している試験で、
国家資格ではありませんが厚生労働省が認可している国家認定試験なので、
数ある関連資格試験の中では人気もあり保有していれば評価は高いです。

しかし、難易度がかなり高く合格率も低いと言われております。
水準が高い資格なので、就職や転職には非常に有利な資格ということです。


ユーキャンの通信講座はコチラ
資格

歯科助手の資格@通信講座|スクール情報メニュー